背中にも症状が出てくる性病は遺伝ではなく感染に注意

遺伝では性病になることはなく、性交渉時の感染症ですので感染者との性交渉を避ける必要があります。万が一性病にかかった場合には医療機関にすぐに行き、治療する必要があります。梅毒に関しては潜伏期間があり、初めのうちは痛みもなく気づかないことが特徴です。時間が経つにつれて性器周辺の違和感や、リンパ節の腫れなどが出てきて背中など体全体に発症します。それだけでなく頭痛や腱鞘炎、発熱などの症状もありますので気になる人は治療することがおすすめです。基本的には症状の種類が多いだけで重い症状ではないため放置することで治るケースもあります。性病にかかるのは感染者との接触ではならず、性行為を行うことによって感染しますのできちんとコンドームの着用をすることで感染を防ぐことができます。風俗街の病気のイメージがありますが、一般のカップルでも感染の可能性があるため身近な病気となっています。年齢を問わずに中高年でも性感染症は増えていますので、きちんと予防をすることでセックスライフを楽しむことが出来ます。性行為に関して前向きな考え方になってきているため年齢を重ねてもパートナーと楽しむことが十分にできます。特定のパートナーとだけ性交渉をしているから大丈夫ではなく、パートナーや自分が過去に性行為を行った人物が性病に感染している事で自分たちも感染しているリスクは十分にあります。症状がなくても進行することが性病の特徴ですのでパートナーに知らない間に感染させているかもしれないです。出産時に感染してることによって子供にも影響が出てきて、失明や肺炎などの原因になりますので早めのケアが必須です。また、不妊症の原因にもなりますので流産の危険があります。