性病と排泄物と石鹸について

性病と排泄物と石鹸について、よく性病になりたくないから…性病を防ぐために、このような理由で、しっかりと性器を石鹸でごしごしと洗う方がおられますが、これはかえって、逆効果であるとされています。

また、排尿時や排泄物などを出す時に痛みなどがある場合、陰部にも痒みや発疹が出たりしていると、上記のように、石鹸やボディーソープで丁寧に洗浄を行う方がおられますが、これも、性病を治すためには、かえって逆効果であると言う場合があります。

排泄物については、デリケートゾーンの近くにあり、特に女性の場合には、膣と、かなり近くに肛門があるため、トイレットペーパーなどを使う時には、排泄物に当たらないように、上手に陰部をふき取る必要があるのですが、もし、排泄物を拭いたトイレットペーパーなどで、そのまま陰部をふいてしまうと、性病などにかかってしまう可能性が高いと、昔から言われています。

ただ、そうはいったものの、このような膣の中などには、しっかりとした菌がいてくれて、悪いばい菌などが入ってきた場合には、出来るだけそのばい菌を退治するように、仕組みが出来ています。

しかし、上記のように石鹸などで陰部などをごしごしと洗い過ぎてしまうと、かえって、この膣内などにいる良い菌までも、洗い流してしまうことになるため、カンジダなどを発症しやすくなってしまうことがあるのです。

カンジダについては、症状が軽い場合には、抗真菌薬などで治癒することが出来ますが、せっかく治癒を行っても、上記のように、あまりにも石鹸を使って、陰部を何度も洗ってしまうと、かえって上記のように、性病などにかかりやすくなってしまいます。

このことはあまり知られていませんが、注意が必要です。