性病の症状と体臭の関係について

女性にとっておりものや性器などのデリケート部分の悩み、特に臭いは体臭に関連する頭の痛い問題で気軽に人に相談したり、病院に行ったりする出来ないもの。ですが、デリケートな部分の異常は性病を含めた病気と関係があり、その場合、自身だけではなくパートナーの男性にも悪影響を及ぼす可能性があります。今回の記事では性病とデリケートな部分の臭い関係にスポットを当ててみました。
まず、おりものとは、帯下とも呼ばれる頸菅粘液、子宮内膜液などの膣分泌物であり、その量と臭いは体質によって違うので人によって、多い、少ない、臭う、臭わないという個人差があります。性器の臭いも同様です。そして、いくつかの性病に感染するとおりものが変色したり、臭いがきつくなる・異常な臭いになることがあります。代表的なものとしてはトリコモナス原虫の感染によって起こるトリコモナス腟炎症で、おりものは量が多くなり、黄色っぽい色で粘りが多く、泡立ち、臭いが強くなったりします。また、淋病では黄緑色または茶色の膿のようなおりものが出て、臭いが強くなります。また、クラミジアでは緑色に、膣カンジダ症では白または黄色の固形物のようになります。ただ、このような性病では同時にかゆみや痛みといった症状を伴う場合がほとんどです。そして、性病で性器自体の臭いが変化する可能性は低く、性器の内部に残ったおりものが臭いの原因という場合が多いです。デリケート部分は生殖器という性質上、多くの分泌物、そして、尿などの老廃物は排出されるので、その臭いは体質、年齢、生活習慣によって様々に変化する可能性があります。それゆえ、おりものは悩みのタネのひとつですが、病気や体の異常のサインとなりうる大切なものなので正しい知識を学ぶことに損は無いでしょう。