性病になりやすい行為

性病は性行為によって発症する病気の総称とされているものなのですが、実は性行為以外にもやっていると気づかない間に性病に鳴ってしまうというものがいくつかあります。当然なりやすい行為の1位は性行為なのですが、それ以外にも性病になってしまう行為があるということを知っておくことによって予防や対策をすることができるようになります。
もっとも可能性が低い行為ではあるものの可能性がゼロではないものとして、手をつないだりハグをするというものがあります。ですがこれはほとんど気にする必要もないですし、性病になっている性器を触ったままの手でつなぎあわない限りは可能性としてはほぼない行為のひとつです。
また、可能性としては低いものの感染することがあるものとしては一緒にお風呂に入る行為であり、これは特に温泉などの多人数が利用する施設で性病以外にも感染する可能性があります。また、ここからは性行為に含まれるものとなっているのですがその中でも感染の可能性は低目となっているのがキスやクンニであり、キスに関しては唇同士が軽く触れるものであれば感染する可能性は低いですが、唇に傷があるなどの場合はリスクが上がるため注意が必要です。
そして感染する確率が高くなっているものとしてはディープキス・素股プレイ・オーラルセックスがあります。ディープキスやオーラルセックスは粘膜同士が触れ合う可能性が高いということでリスクが上がりますし、素股プレイもゴムを付けていなければ当然リスクがあります。
そして感染する可能性が非常に高いのが一般的な性行為(性器を挿入しての行為)・コンドームを付けての行為・あなるセックスとなっています。コンドームを付けていれば安全だと思われがちですが、粘膜同士が触れ合うことを考えると決して可能性が低いわけではないとされています。

性病はどう避ける

性病を避けるのは、何も難しいことはありません。
性行為をしなければほぼ感染をすることはありませんから、絶対に性病になりたくないというのであれば性行為をしなければいいだけなのです。
しかし、リスクがあっても性行為はしたいというぐらいに魅力的なものですから、性行為はしたいけれども性病にはかかりたくないとなれば信頼できるパートナーとだけ性行為をすれば感染は避けることができるでしょう。
男女ともにどちらも性病に感染をしてなければ、移るということがないので基本的には安全です。
しかし、性行為は性器に雑菌などが侵入をする恐れもあるので、そのようなリスクも避けるのであればコンドームを着用するようにしましょう。
コンドームは避妊だけでなく、性病の予防にも効果がありますから信頼できるパートナーとコンドームを着用した性行為であれば、リスクは極限まで抑えることが出来ます。
特定のパートナーがいないとなると、これは飛躍的にリスクが高まってしまうものであり、完全に性病を防ぐということは出来ません。
リスクを最小限にするなら、性行為を始める直後からコンドームを着用して極力粘膜の接触を避けるより他ありません。
オーラルセックスなども感染の原因となりますから、油断をしていればこのような場所からもうつってしまう恐れもあるので注意をしましょう。
性病は性行為をする以上はリスクのあるものとなっていますから、後はいかにそのリスクを低くすることができるかということしかありません。
そして、リスクを抑えるためには最低限コンドームを使用することが重要であり、それも出来ないのであればいつ感染をしてもおかしくないものだと認識しておくことが大切です。

性病になったら

性病には様々な種類の病気がありますが、これらは性行為を行った経験がある人であれば誰でも感染する可能性があります。
中には不特定多数の人と性行為を行うような人が感染する病気であり、自分はパートナーと以外は性行為を行っていないから安心だなどと考える人もいますが、パートナーが過去に病気に感染してそれが感染してしまう事もあります。
そのために、もしも何か異常を感じた場合は病院で検査を受ける事が大切です。
ただ、初期症状は大した事が無かったり、少し時間が経てば治るだろうと放置してしまうケース、あるいは何か性器などに違和感があるが病院で診察を受けるのは恥ずかしいという人もいますが、少しでも異常を感じて心当たりがあるのであれば検査は受けるべきです。
もしも感染していないのであれば無駄だったと感じたとしても安心は得られますし、感染してしまっていた場合は早目に検査をする事で症状を進行させるのを防ぐ事が出来、また感染の拡大を抑える上でも大切です。
それでもどうしても病院へ行きたくないという人もいますので、そういう人は自宅で行える検査キットがあるのでそれを利用するという手段もあります。
検査キットが送られてくるので自分で検体を採取し、それを指定された機関へ送る事で検査を行う事が出来ます。
病院で相談するのが恥ずかしいという人だけでは無く、病院へ行く時間を作るのが難しいという人にも役立つ検査方法です。
性病は早期に発見して治療をすれば大したことも無く治療が可能であるものがほとんどですが、その一方で進行が遅れれば送れるほど症状が重くなるうえに感染を拡大させてしまう危険もあります。
性病の疑いがあるのであれば病院で診てもらうのが確実ではありますが、どうしても抵抗があるのならば自宅で検査キットを利用するようにし、感染が確定したら速やかに治療を受けるようにするのが自分のためであり、パートナーのためにもなります。

▼性病のお薬を扱うあんしん通販薬局を利用するメリットとは
▼性病のチェックにクラミジア 検査
▼性病に効く塗り薬にはコンジローマを使用!
▼性病のひとつである淋病などに効果のあるクラビットのジェネリック医薬品です
レボフロキサシン